概要

大分県公立高等学校教職員組合(大分県公高教)とは

大分県公高教は、大分県教育の正常化を目指す教職員団体です。
日教組運動に異議を訴え、高校及び特別支援教育の振興・発展を目指して 昭和44年6月21日、公高教は発足しました。
以来、大分県教育の正常化を進めるとともに、教育の振興・待遇改善について取り組んできました。
今なお色あせることのない組合綱領に誇りを持ち、教育専門職として教育活動に専念しています。

概要

名称 大分県公立高等学校教職員組合
設立 昭和44年6月21日
住所 〒870-0045 大分市城崎町2-1-5 城崎司法ビル5階
TEL 097-536-2511
FAX 097-536-2561
執行委員長 山下 智史
書記長 山本 光洋

シンボルマーク

「OKK」の3文字をモチーフとして組み合わせ、「学校・行政・本組合」=「三位一体」をデザインした。
結成40周年という節目を迎え、確信を持って大分県教育の振興と正常化を図り、高い志と情熱で活動的に取り組む様子を表している。
赤色・青色・緑色はそれぞれ発展・安心・希望を意味している。

デザイン◆佐藤大作氏(鶴崎工業分会)

組合歌

(1)
紅匂う朝の雲
二豊の空に燃ゆるとき
あゝ清新の意気高く
仰ぐ理想の旗のもと
共に進みて力あり
我等の守り公高教

(2)
久住の高嶺瀬戸の海
自由のこだま呼ぶところ
見よ青雲のたなびきて
希望輝く旗のもと
凱歌は挙がるこの歩み
我等の集い公高教

入会のご案内
PAGE TOP